サラ金と闇金

サラ金と闇金、違いが分からない?

映画やドラマの題材に扱われることの多い借金取り。強面の金融会社の男性が、自宅や勤務先に執拗にやってきて、強固な取り立てをするようなイメージがあるでしょう。これは、サラ金の取り立てだと思っている人もいるかもしれません。しかし、実際には、闇金であることがほとんどです。
サラ金と闇金の違いについて解説すると、その営業が合法か違法かということがポイントになります。さらに、貸金業で定められている金利を正しく適用しているかどうかが焦点になります。お金を貸すためには、まず登録の義務があります。さらに、合法的な金利で貸し付けするのが決まりで、大手消費者金融の場合、この規定をきちんと守っているところがほとんどです。カードローンやクレジットなども同様で、この金利で融資します。
それに対し、闇金は無法地帯といっても過言ではありません。法外な金利を要求し、厳しく取り立てるのが特徴です。利用者は、ほかからもすでに借り入れをしていることが多く、もはやどこからも借りることができないという状態であるために、足元を見られることになります。
大手のサラ金なら、まだ任意整理に対応してもらえることもありますが、ヤミ金となるとそう簡単にはいかないものです。一度借りたら最後、抜け出せない借金地獄にハマってしまうことになるでしょう。
中には、業者の見分けがつかない人もいるかもしれません。そういう場合は、借金に関する記事などを参考にして、うっかり借りてしまわないよう気を付けることです。