カードローンのメリットとデメリット

カードローンのメリットとデメリットを知ってうまく活用しよう

カードローンにもメリットとデメリットがあります。事前に良く把握して、うまく活用すれば利便性も高く、お金のピンチを回避できます。まずはメリットですが、カードを作っておくと、融資上限額内なら何度でも繰り返し借りることができます。例えばローンの契約をするときは、申し込み用紙を書いて書類を添付して、1回1回申し込みして審査をします。その間結果がどうなのか気にしながら数時間から数日待ちます。不安も続きますし、なかなか動きが取れないし、面倒でもあります。しかし、カードローンの場合はカードを作る最初はローンと同じように審査をされます。しかし、カードを作ってしまえば、カードの枠内であれば返済途中で残高が残っていても、申し込みをするとスピーディーに対応してくれ、基本的には申し込み用紙記入や書類提出はありません。すぐに現金の準備ができます。さらに、返済がきちんとされていると枠が上がったり、金利がより有利なものになったりするので、計画的に利用すればしただけメリットも増えることもあります。逆にデメリットは契約がカード1枚となるので、残高やいつ借りた分なのかなどの管理がややこしくなることです。カードの上限枠内なら繰り返し借りることが可能なため、途中で借りた分も合算されて残高として請求されます。最初に借りた分なのか、途中からの分なのかの区別はないので、その点は自分で把握して管理する必要があります。ただ、全部一緒になることで完済までいくらかということははっきりとわかる利点もあります。