主婦キャッシングの審査

主婦キャッシング審査のポイント

主婦キャッシングの場合、まず最初に重要となるポイントは「自分自身に収入があるのかどうか」です。基本的にカードローンを利用する為には、自分自身でお金を稼いでいることが必須となっているため、無職の場合は契約できる可能性はまずありません。アルバイトやパートなどでも問題はありませんが、何らかの方法でお金を稼いでいる状態のみ審査申込みをするようにしましょう。

 

しかし、状況的に「専業主婦」に関しては特例措置を利用することが出来ます。「配偶者貸付」と言う制度を利用することで、自分ではお金を稼いでいない人でもキャッシング契約をすることが可能になります。その際、配偶者の同意が必要となる状況が起こり得るため、可能であれば配偶者に事情を話しておいた方が賢明です。もし、どうしても内緒で利用しなければいけないと言う時には、消費者金融系では無く銀行系のローンに申し込むようにしましょう。

 

銀行系は、総量規制対象外ローンとなっているため、年収がゼロの人でも状況次第では契約できる可能性があります。配偶者貸付を利用することで契約できる可能性は高くなるのですが、その際に「配偶者の同意が不要」となるのが大きな特徴です。総量規制対象のものであってもこの制度を利用することは出来るのですが、配偶者の同意書を作成しなければいけなくなってしまうので内緒で契約することが出来ません。

 

必ず自分の状況を整理したうえで方法を選択し、事前に他の人の体験談などをチェックしておくようにしましょう。
詳細は→専業主婦でも借りれる銀行カードローンの審査基準に詳しく紹介中です。